上京してから

本と映画と漫画と人

新宿のブックオフで万引きを発見した話


f:id:karatatsutan:20171214201319j:image

 

丁度今日の話。

 

大学の授業は一限と六限。

かなりの空き時間が生まれてしまう。

 

ぼくは知り合いとカラオケに勤しんだ後、ブックオフで立ち読みをすることで暇を潰すことにした。

 

だいたいいつも見るコーナーといえば、コミックと小説だ。新書や自己啓発本には目もくれない。あまり音楽も聞かないからCDコーナーにも興味はない。

 

ちょうどその時、ぼくは文庫小説のコーナーをうろうろしていた。100円で面白い本がないか身繕っていたのである。

 

そんな時だった。

隣に立っていた一人のおじいさんが、明らかに不審な動きをした。何かを勢いよく手持ちの袋(ブックオフで本を買うと貰える青い袋)に突っ込んでいた。突っ込んだ後、そしらぬ顔で店内を徘徊するおじいさん。

 

(……怪しい)

 

ぼくの灰色の脳細胞が、ぎゅるぎゅると回転をはじめる。いや、実際には特別頭が働いてるわけではなかった。ただ視線だけが、おじいさんを追う。

 

立ち読みをするフリをしつつ観察していると、やっぱり明らかに不審だ。行ったりきたりを繰り返している。それなのにずっと同じ本を片手に持っている。文庫の小説。もう既に、買ったときに貰える袋は持っているのにだ。

 

じっと見る。ぼくの動きというか、視線も不自然だったかもしれない。

少ししたタイミングで、その時はやってきた。

 

すっと、不器用な挙動で、おじいさんは本を袋に入れた。確実に、見た。生まれてはじめて万引きの現場を目撃した。

 

ぼくは考えた。何を考えたのかというと

  1. 店員さんにチクる。
  2. 自分で何か言葉を伝える

だ。

 

正直普通なら1を選ぶべきシーンだろう。

だが、一応は作家志望のぼくか、そんな普遍的選択肢を選ぶべきなのか?

ぼくは想像した。

店の外に出た瞬間に「警察だ!」と叫ぶ自分の姿を。

……って、それじゃぼくが捕まりそうだ。警察じゃないし。たしかそういう罪があったはず。

 

でも。ほんとに迷った。

ドラマが生まれるのは2の選択なのは明らかだったからだ。

今現在、ぼくは退屈していた。退屈していなければブックオフなんて来ない。退屈を紛らわす、ちょっとしたスパイスになりえるのじゃないだろうか?

そんな風に考えた。

 

考えた結果、ぼくは近くに居た店員さんに小声で、「あのおじいさん、万引きしてますよ」と伝えてあげた。

店員さんの目が光る。そして納得する。

 

あぁ、これでよかったのだ。

あのおじいさんを捕まえるのは、どう考えてもぼくの出番ではない。万引きをされて一番迷惑を受ける人たち、ブックオフの店員さんが捕まえるべきだ。つまりは器ではなかったのだ。

 

そんな風に自分を言い聞かせてーー。

また退屈な日常へ、舞い戻る。

それぞれの舞台で、頑張ればいい。

 

おじいさんがしたことはいけない事だけど、何か事情が合ったのかもしれない。100円の本を万引きしなくてはならない理由。

 

ホームレスで、お金が無い。

でも、本が読みたい。

そんな感じの、事情。

格好も汚なかったし。

 

ぼくがチクったことで、 あのおじいさんがどうなったのかは分からない。分からないしどうでもいい。自分の人生を生きるのに精一杯なのだ。ぼくは。

 

自分をそう、言い聞かせて、今日も東京で生きていく。