上京してから

本と映画と漫画と人

世界は物語で出来ている


f:id:karatatsutan:20180501224000j:image

 

 

物語には、無限の可能性があると思っている。

 

ぼくなりの物語に対する考え方、捉え方をここに書き記したい。

 

 

世界の全ては今へと至る物語

 

考えてもみてほしい。

 

例えば日本史や、世界史。

中学校や高校で勉強するそれらは、物語以外の何者でもない。なにがどうなって、文明が成立したのか、それを客観的にとらえ、心情的な部分を削ぎ落としたものが、歴史である。

 

ドラマとは心の動き、葛藤のことである。

例えば今朝の話だが。

 

1,ぼくが目を覚ました。空腹

 

2,空腹だから朝ごはんを食べようと考える

 

3,パンか米か迷う⬅コレがドラマである。

 

結局パンを食べたのだけれど、これがいったり物語でなくてなんだろうか。

 

つまり歴史とは物語であり、物語をようくみてみれば、そこにはドラマがある。

 

ぼくが生まれた時にだってドラマはあっただろうし、両親が生まれたときだって、それはあったはずだ。

 

今を生きるぼくらは、ギリギリのバランス感覚で、物語で積み上げられた過去の上に立っていて、立ちながらも未来への物語を積み上げている。

 

だからみんな、物語からは目が離せない。

なくてはならないものだから。

つまるところ物語の中で、ぼくらは今生きているから。

 

映画や小説、漫画やドラマ。

それらが無くなることはないだろう。

物語メディア は形こそ変えるかもしれないが絶対に残り続けると断言出来る。

 

だからぼくは、小説を書くのだ。