上京してから

本と映画と漫画と人

【ぼっち】大学生になったけれど、友達の出来ない君へ聞いてほしい【孤独】


f:id:karatatsutan:20171205030553j:image

 

どうしようもなくなってしまった事を自覚する瞬間がある。

行き詰まりというか、行き止まり。

道を選んだ事を後悔するような瞬間が。

大学生活でいえば、それは例えばぼっちになった瞬間だ。

 

最初に知り合った時に、どんな話をすればよかったのかという選択。

その日着る服をどう選ぶか。

どんなサークルに入るかを、どう選ぶか、とか。

 

選択肢を失敗した過去を変える事は出来ない。

そうして入学してから三か月もたった夏休み前のある日、気付くのだろう。

予定のないスケジュール表を見て。

「あぁ、失敗した――――」

と。

 

それでも決して、自己肯定だけはしないでほしい

 

ぼっちになった人間あるあるだとは思うのだけど、皆自己肯定をしたがる傾向にあると思う。

  • むしろ時間を作れてこっちのほうがいい
  • 飲みとかに行かなくていい分、お金を自分の為だけに使える
  • 勉強する事に集中できる、趣味に没頭できる   などなど……

しかしそれらの理由はあくまで後付けでしかない。

後付け以上に、言い訳でしかない。

大学生活に、失敗した言い訳。

ぼくには分かる。なぜならぼくがそうだから。

 

あくまで理想を追う姿が美しい

 

現状と理想のギャップに、へし折れそうになるかもしれない。

 

理想  大学一年生の夏休み、彼女と旅行へ行く。

現実  バイト。もしくはユーチューブで動画を見漁る。

 

このぐらいの差異が、生まれてしまっているかもしれない。

しかし、現状は現状として受け入れて。

あくまで理想を追ってほしい。

苦しくても、泣きたくなっても。

なぜならば現状には、絶対に理由があるからだ。

 

原因があり、理由がある。

それを改善しない限り、同じミスを繰り返すことになってしまうかもしれない。

 

過去の失敗から逃げず、原因を探る。

理由を仮定して、また新しい試みを選択する。

 

新しいサークルに入る。大学生の多いバイトを始める。友達が増えそうな趣味を作る。

 

また失敗するかもしれない。でもいいじゃないか。

失敗と捉えるからいけないのだ。ただ、そうあっただけ。

そう歯車が廻っただけ、だ。

 

そうやって、繰り返し繰り返し試みる。

そんな年月を過ごした結果、きっと貴方は一回りも二回りも成長している筈だ。

 

 

陥った状況を受け入れないで、あくまで理想を追う。

その過程こそが、たぶん青春なのだろう。