上京してから

上京してから見た景色、そして考えたことを綴ります。

【日テレ】校閲ガール【ドラマ】


f:id:karatatsutan:20170920212416j:image

 
f:id:karatatsutan:20170920212427j:image

 


f:id:karatatsutan:20170920212442j:image

 


f:id:karatatsutan:20170920212730j:image

 

石原さとみが可愛い。

 

作家になれば石原さとみと付き合えるって、まじっすか?

 


f:id:karatatsutan:20170920212545j:image

 

 ……まじっすか?

筆記試験


f:id:karatatsutan:20170920181055j:image

 

出来なかった。

 

すき家のチーズ牛丼で、自分を慰める。

 

 

なんでこんなに、美味しいんだろう。

面接結果


f:id:karatatsutan:20170916015144j:image
 

 

 

なんか通ってたわ^^

 

残る関門はあと2つ。

 

筆記と第2面接なのだが、、、。

ここにきて、本当にぼくはその会社に入りたいのか?というそんな疑問が頭をよぎる。

 

これが俗に言う、マタニティブルーというやつなのだろうか。

【就活活動】【一次面接】【失敗☆】

 
f:id:karatatsutan:20170914120339j:image

 

自己紹介でめちゃくちゃ失敗した。

自分でも何を言っているのか分からない。

もうよく分からなくなってしまい、途中で切り上げた。

「……え、もう終わり?」

そんな言葉もかけられたけど

「はい!」

と満面の笑みで返事してやったよ。

 

久しく初対面の人間と話してなかったせいか、口が上手く回らなかった。昔はここまで口下手じゃなかったんだけど。

 

面接官の人はとても好い人だった。

グズはぼくだ。

 

……もう、誰か養ってください。

 

希望

永作博美似のキャリアウーマン

【感想】いなくなれ、群青【書評】


f:id:karatatsutan:20170902014022j:image

 

某所から借りたあらすじ

 

11月19日午前6時42分、僕は彼女に再会した。誰よりも真っ直ぐで、正しく、凛々しい少女、真辺由宇。あるはずのない出会いは、安定していた僕の高校生活を一変させる。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎……。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。「階段島」シリーズ、開幕

 

 主人公の七草が、ヒロインの真辺由宇と砂浜で出会った所から物語は始まる。

場所は「階段島」とよばれる、どこかの島。

基本的に島からは出られない。

出る為の条件は一つ。

「無くしたものをみつける事」

 

ぼくはまず、タイトルがいいな、と思った。

 

いなくなれ、群青

 

BUMP OF CHICKENの歌の歌詞でありそうな、お洒落かつ、情緒あるタイトルだと思う。物語の持つ儚さに、非常に合っている。

 

内容は青春ミステリ?に近く、ちょっとした謎解きと、高校生のちょっとした?事件がつながって、一つの結末にたどり着く。

 

 一応はミステリではあるものの、細かいロジックは気にしなくていい。

ロジックよりもロマンス。

ロジックなんて、1+1が2だという意味でしかないのだ。

 

今の自分から、なりたい自分へ。

何を捨てて、どう成長したいのか。

そう。捨てるとは。無くす、ではなく。

……無くしたのか、捨てたのか。

あるいは何から、捨てられたのか。

 

 

いなくなれ、群青 (新潮文庫nex)

いなくなれ、群青 (新潮文庫nex)

 

 

【秋葉原】かんだ食堂のカツカレー

(※以下記事は体を左に90°傾けつつご覧下さい)

 

JR秋葉原 電気街口から歩いて五分。

ここら辺じゃあ有名だという定食屋に訪れた。


f:id:karatatsutan:20170907154952j:image

 

 外観はこんな感じ。

風情もしくは趣がある。

 


f:id:karatatsutan:20170907155006j:image

 

メニュー。

まぁまぁ安い。

そしてメニューの多さには、なかなか目を見張るものがある。

 


f:id:karatatsutan:20170907155019j:image

 

店内に入るとテンションの高いおばちゃん店員から「いらっしゃいませ」と声をかけられる。中々の混み具合。時刻は午後二時三十分頃。お昼時を少し外していたにも関わらず、お客は少なくなかった。

メニューをみて、決めていた品名言う。

数分と待たず、それは運ばれてきた。

 


f:id:karatatsutan:20170907155029j:image

 

カツカレー。

食べた感想は、昔ながらの落ち着く味とでもいった所か。なかなかボリュームもあったけれど、王道すぎて何かが足りない気もした。

それはたぶん辛さとか、トッピングとか。

今時のゆとり世代ど真ん中のぼくにとっては、このカレーはあまりに正直すぎる。

 

七七〇円だったのだけれど、同じ値段を出すなら【すた丼】とか、そっちのほうがいいかもしれない。

 

そう、ぼくのレビュー。誉めるばかりではないのだ。時には伝統を踏みにじる。食べログの点数には騙されない。

夏の終わり

 
f:id:karatatsutan:20170905220847j:image

 

ここ数日、これまであった夏の暑さはない。

 

感じるのは秋の入り。

涼しい夜風に、鈴虫が鳴く声。

 

いままでよりも長袖を着る機会が増えて、長ズボンを履く機会が増えるのだろう。

コンビニではアイスよりも、肉まんを買うようになる。

 

 

 

夏の終わりは、なんだかせつない。

25回目の筈なのに、慣れるなんて事は全然無い。きっと死ぬまで、せつないのだ。

アムウェイに勧誘されて、思った事【MLM】

 

 

 

ドラマ池袋ウエストゲートパークの主人公、マコト。

劇中でマコトの母親がハマっていたのが、他ならぬマルチと呼ばれるネットワークビジネスねずみ講です。

まぁ、説明せずとも理解してもらえるでしょう。自分が紹介して、商品を買ってくれれば買ってくれた代金のうちの何%かを、自分に紹介してくれた人に献上するという、そんなシステムです。

 

ぼくも勧誘された事があって、場所はたしか渋谷のカフェでした。

Facebookを通じて美女から連絡が来たかと思えば、、、男って、ほんとばか。

ぼくより二歳年上の当日二十五歳の美女でした。

会っていきなり聞かれたのを覚えています。

「○○くんって、夢はあるの?」

初対面の相手に聞くような質問でないのは普段空気の読めないぼくでも理解できました。

「夢……どうだろ」

「夢はもったほうがいいよ!私の夢はね、アメリカにでっかい図書館を作ること!」

なんとも大層な夢です。

ぼくは思わず「すごいね」と声を漏らしました。「じゃあいままで海外とかには結構行ったりしたの?」

当然の質問でしょう。

「んーん。まだ行ったことないんだ、海外」

なんでもなさげに彼女はいいました。

「えっ……。でも、アメリカに図書館は作りたいんだよね」

「うん!」

あまりに彼女が堂々としてるので、ぼくはなんとなしに彼女の話を聞いてしまいました。

その合計時間、おおよそ45分。 

超要約すれば、不労所得を得よう!

という、そんな話を彼女はぼくに、したのでした。

そのあとぼくらはわかれました。

執拗に何らかのパーティーへの勧誘の連絡が来るのでラインはブロックさせてもらいました。

 

……まぁべつに、マルチをやるやらないは個人の自由ですから、人に強制さえしなければ、ああだこうだと文句をつける理由もないのです。

 

ただ。

話を聞いていて思ったのは不労所得を得る事を、夢を叶えると表現するのは、ちょっと違うのではないかという、そんな事でした。

 

不労所得って、そんな良いものかね?

 

労働所得でいいじゃん!!!

 

汗水流して働いて、お金を貰う。

こんなにすばらしい事が、この世にあるだろうか。当たり前の話だ、ギブアンドテイク。ギブをするから、テイクがある。

働く男の汗って、やっぱカッコいいじゃん。

それをぼくは、否定したくない。

 

 


f:id:karatatsutan:20170902200707j:image

 

野原ひろしは、最高にカッコいいんだゾ!

 

 

1000円カットを有効活用するには



f:id:karatatsutan:20170902075955j:image


 

もともと近所にある美容室を利用していたのだけれど、最近はもっぱら1000円カットばかり利用している。

お金がないというのも利用している理由の一つなのだけれど、カットだけならば美容室と遜色ないのではないかと、最近のぼくは考えているのだ。

 

ではどのようにして1000円カットを、美容室のカットと比べて遜色ないモノへと変遷させているのか、秘訣を語っていこう。

 

とにかく具体的な注文をつけまくる!!!

 

有名なモデルの写真だったりを持ってきて、「あ、こんな感じで」

そんな注文じゃ、なかなか思った通りのヘアスタイルにはならない。なぜなら顔が違うから。

顔が違えば例え髪型が同じ印象を抱かせるものでも、完成型はまるで違ってくる。

 

だからぼくか利用している手法が、とにかく具体的な注文をつけまくるというものなのだ。

 

例えば

  1. 前髪は二センチ
  2. サイドはここまで刈り上げで、ツーブロックにして
  3. 後ろは襟足を残す感じで

こんな感じ。

(本当に上記のような注文をすると


f:id:karatatsutan:20170902080005j:image

こんな感じになるので注意)

 

とにかくうざったく思われてもいいから、注文をつけまくる。

それだけ注文をつければ居心地も悪くなるかもしれないが、安心してくれ。

1000円カットは10分もあれば終了する。

 

みんなもこれからは、どんどん1000円カットを利用して、お洒落なメンズレディースになろう!!!

 ↓ちなみにぼくが1000円カットを利用した結果、まるで就活生のような七三ワケにされたのは、今回のようなケースとはまるで関係がない話である。

 


f:id:karatatsutan:20170902080133j:image

 



大阪一オススメのたこ焼き!【甲賀流】


f:id:karatatsutan:20170901195717j:image

 

甲賀流のたこ焼き。

 

カリカリふわふわというよりも全体的にふんふわしていて、美味しかった。

 

聞けばこのお店、大阪で一番美味しいたこ焼きと言われているそうな。

 

ふむ、たこ焼き屋でバイト歴のあるぼくの舌を唸らせる、中々に美味なたこ焼きであった。