読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上京してから

エッセイ

女の子の好みの年齢は、自分が歳を取っていけばいくほどに変わっていくという話

現在24歳なんだけど、女性の好みというのが、どんどんと変わっていっているのが分かる。 

 

十代後半の頃

とにかく、顔の整った子。顔が可愛い子が好みだった。

スタイルも、性格もどうでもいい。とにかく、顔。顔が全てだった。

それはもしかしたら、自分の容姿がそれほど良いほうではないからというコンプレックスの表れだったのかもしれないけれど、とにかく、顔が綺麗な子が好きだった。

 

 

二十歳頃

とにかく、年上が好き。

しかも、一歳や二歳の年上ではなく、三十代とか、四十代とか、そのぐらい年上の女性が好みだった。理由を考えてみると、、、。うん、将来に対する不安さによるものだったのかもしれない。将来が不安で、不安定だから、養ってほしい的な。そんなクズ的発想だったのかもしれない。どこか背徳的というか、いけないことをしているような気にさせてくれるのが、年上の女性という存在だったのかもしれないと、今になって思う。

まぁ年上の女性と出会う機会なんて、ほぼほぼ無かったのだけど。

それはまぁ、仕方がない。ただの好みの話だからね、これ。

  

 

二十歳から二十四歳頃

オールジャンルオーケーになった。

なってしまった。なっちゃったよ、おい。

なんというか、ストライクゾーンが異様に広がったというか、よく言えば好きになった子がタイプというか。悪く言えば、なんでもいけるというか。

ほぼ同じことを言っている筈なのに、どうしてここまで受け取られるであろう意味合いが変わってきてしまうのだろうか。悲しい。

 

 

この先、二十代後半、そして三十代に移り変わるにつれて、もっともっと、どんどん好みの年齢が変わっていってしまうのだろう。

 

 

歳をとったおじさんが、女子高生にお金を払ってほにゃほにゃしたというニュースがよく聞かれるものだけど、それもその人にとってのストライクゾーンが十代限定になってしまったとか、そういう話なのかもしれない。   

 

なんとなく気持ち悪いけれど。

若い女の子や男の子が、年上が好きだと言っているのは、なんとなく許される感じもあるのに、その逆は許される気がしないのはなんでだろう。

  

そういうのが行くところまで行ってしまうと、某芸能人夫婦みたいに、ものすごい年の差で結婚したりするのだろうか。

  

なかなか一般人で、そこまでの年齢差を見ることはないけど。

  

まぁ何が言いたいかと言うと、今後の自分の好みがどう変わっていくのかが、とても楽しみかつ、不安で、怖いなぁという話。

 

今までに経験したアルバイト

現在24歳。アルバイトをするようになってから、早六年。

色々な種類のアルバイトをやってきた。本当に色々。むしろやりすぎた。

いままでやってきたアルバイト。そのほぼすべてをバックレで辞めているぼくは、そろそろ自分自身を反省したほうがいいだろうと考えて、備忘録的に記していこうと思う。

 

ヨーカドー

 上司と性格が合わなかった。だから辞めた。 《バックレ》

 

タコ焼き

 一緒に働いていた女子高生に振られた精神的苦痛で辞めた。

 

八百屋

 同僚の女子からシカトされて、精神的苦痛により辞めた。

 

マック

 仕事が割りにあわないと感じでバックレた。しかし親に電話がいき、そして大揉め。

 なんとかかんとか、辞めることに成功。 《バックレ失敗》

 

アパレルのテレアポ

 女上司と揉める。あまり人と話すことが上手くないということにこの時初めて気付 く。仕事が出来ない→上司から嫌われる。そして逃げるようにやめる。仕返しにシフトをパンパンに入れてからバックレる。復讐成功。

 

コンビニ 計3つ 

 仕事が合わなかった。退屈すぎて時間の流れを感じれなくなり、そして辞める。《バックレ》

 

カラオケ

 なぜかお店の時給が、東京都の最低時給を割っていた。治安が悪く、ヤクザに絡まれるようになり辞めた。《バックレ》

 

大学の生協

 他のバイトが忙しくなり辞めた。

 

派遣 複数

 朝起きれない。上司と揉める。他にも理由があってかなくてか、メールが来なくなる。

 

有料トイレ

 一番続いた。一年ぐらい。仕事はとても楽だった。ただ喫煙所の掃除もやらなくてはいけなかったのがキツかった。

 

焼肉屋

 初日に辞めた。皆動きが早くて耐えきれなくなった。《バックレ》

 

プール監視員

 日焼けが嫌でやめた。《バックレ》

 

ユニクロ

 なんとなく辞めた。まだ服を返していない。《バックレ》

 

向き不向きで言えば、働くこと自体に不向きだとしか思えない……。

働かないで生きていく方法が、無いものか。本当に真剣に、なんとかしなければ、人生はもう破綻しかけてる。

 

世間にぼくを合わせるのは、もう無理なのかもしれない……。

 

ぼくに世間が合わせるぐらいの、個としての『強さ』を、身に着ける必要があるのかもしれない……。

 

結局は社会不適合者なんだな。適合したい。適合出来ない人間の末路は、どんなものなのだろうか。

 

好きな女の子が、ぼくに興味ないという話

ぼくは現在大学生。好きな女の子も大学生で、出会ったのは数か月前。場所は某女子大学の文化祭。ぼくから声をかけた。数ヶ月かけて、やっとではあるものの、二人で遊びにいける関係になることが出来た。

 

今日も新宿で、鍋を一緒に食べた。

春だというのに凍えてしまうぐらいに寒く、辛めのキムチ鍋が、とても美味しかった。

 

ぼくはキムチ鍋を食べながらも、女の子へ話しかける。ぼくの理想というか、会話に対する考え、それは、話しを振って聞くという、キャッチボールの関係性。もちろんぼくはキャッチャー。相手には思う存分、話したいことを話してもらう。

ぼくも話したいことはたくさんあったけれど、それでも我慢する。自分の話をするのは、相手に話すことがなくなった後でいいと、そう考えているからだ。

あくまで相手を楽しませる。それが彼女の心を手に入れるための、最短距離だとぼくは考えたのだ、けれども。しかし。

 

彼女はずっと、携帯をいじっていた。

画面を覗き見ると男からのラインで、引っ切り無しに画面が点滅している。

ぼくは話しかける。

彼女も無視をするわけではない。

「うん」「へぇ」「そうなんだ」「あはは」

口は笑顔を作っていても、目は笑っていない。

優しい子なのだろう。反応してくれている。

しかし興味は、携帯の向こうの誰かに向かっているのが分かる。

 

ぼくは悲しかったけれど、それでも話しかけた。語り掛けた。

彼女は空虚な反応をした。

ぼくら二人を隔てる障害は、机一つの筈なのに、携帯の向こうの男とは、ずっと距離が離れている筈なのに。それでもぼくと彼女の距離のほうがずっと離れている気がするのはどうしてだろうか。

 

それでも話しかけるぼくはまるで、売れないサーカスのピエロのようで、どこか笑えてきてしまう。その挙動を隠すように、ぼくはキムチ鍋を啜った。

 

そんなある日の出来事。

 

辛辛魚というカップラーメンを、一週間で五つ食べるとどうなるか

 

 

この時期、毎年恒例となりつつある【辛辛魚】の販売。

食べたこともある人のいるのだろうが、とても美味しい。

めちゃくちゃ辛くて、痛いぐらいではあるものの、しかしそれでもコクがあり、濃厚。

 

辛いだけ、痛いだけのラーメンはちょくちょくあるのだが、辛くて美味しいカップラーメンというのは、中々ありそうでなかったように思う。

 

出来上がるまでの過程は、こんな感じ。↓

 

まず、蓋を開けて、色々と小袋を取り出していく。

f:id:karatatsutan:20170308210753j:plain

 

お湯を入れて数分待つ。ぼくは硬い麺のが好きなので、二分ぐらいしか待たない(待てない)

f:id:karatatsutan:20170308210817j:plain

 

数分待った後、うわぁ、赤い……という感想と共に、赤いパウダーをぶっこんでいく

f:id:karatatsutan:20170308210832j:plain

 

パウダーをまぜつつも、まざってない状態を楽しむ。食べながら混ぜていくスタイル。完成。

f:id:karatatsutan:20170308210838j:plain

そして一口。

 

美味しい!

 

 

美味しいのだけれど……

 

 

さすがに一週間で五つ食べたのは失敗だった。

下痢、嘔吐、頭痛を引き起こし、現在ベッドの中から動く事が出来ない。

変な汗も出てくる……。鳥肌が怖いぐらいに立っている。唇が紫色だ。

 

 

こういう状況にならないと、健康の大切さを実感しないのは、ぼくの頭が悪いせいなのだろうか……。しかし、体調が良くなれば、また食べてしまうだろう。

 

恐ろしいカップラーメンである。

 

ニコニコ動画を初期から見てるぼくが、おすすめの実況者、ニコ生主を紹介する

どうも。ニコニコ動画を割りと初期からみているkaratatsutanです。

 

 

最近プレミアム会員が減ってきて、運営がやばいと言われていますが、その情報に反し、今だに、ニコニコ動画のプレミアム会員を継続しています。

その理由は、YOUTUBEツイキャスには居ない、ある意味ニコニコ動画らしい、配信者、実況者がたくさんいるからです。ニコニコ動画の屋台骨は、彼ら彼女らによって支えられていると言えるでしょう。

 

今、こんな時代だからこそ!  そんなニコニコプレイヤーを紹介します。

横山緑

 

 

 

ニコニコ生放送において、初期から配信をしている、今では最古参の配信者。

『ど~も~』というお決まりの挨拶からスタートし、『わーわー』で〆るというある種様式美な放送でトップの人気を博すマスクマン。

そのマスク姿のせいで、外配信などをするときには、常に通報が絶えないというニコニコ生放送におけるトラブルメーカー的存在なのですか……。しかし本人が何か悪いことをするということは滅多になく、普段のトークも温厚です。

 

ただ、そのギャップによって女性にモテるのか、結婚後も不倫騒動が絶えません。

2016年は彼にとって、不倫の年となりました。

 

そんな彼ももう40歳。子供二人に奥さん一人。人生の正念場です。

生き方そのものをコンテンツとする彼の配信に、これからも目が離せません。

ch.nicovideo.jp

 

加藤純一

 

 

 

横山緑をニコニコ生放送における初代主人公とするならば、二代目主人公は間違いなく彼。いま、ニコニコ生放送において、誰よりも人を集め、ゲーム、雑談、etcetcと、雑多あふれる様々な配信をして、視聴者を沸かしています。

 

彼の売りは、ニコニコ生放送随一といっていい『トーク力』です。

誰よりも喋り、誰よりも激しい毒舌で、色々なことをばっさりばっさりと切り倒していくその姿は、非常に痛快で、聞いていて気持ちがいいです。

 

2015年から顔出しをして、その爽やかな容姿も、彼の人気に拍車をかける結果となりました。また、高収入であることも判明し、顔よし、金もあり、人気もある。

新時代、今のニコニコ生放送の主役は、間違いなく加藤純一です。

ch.nicovideo.jp

 

もこう(馬場豊)

 

 

ニコニコ動画において、『王』と呼ばれる男。

2009年に投稿した、ポケモン対戦動画により有名となり、それからは歌を歌ったり、ポケモンパンを食べる動画を投稿したり、生配信を行ったり、精力的に現在に至るまで活動を続けています。

また、もともと2chの引きこもり板を、『智明』という名前で荒らしていたという過去があり、本人も重度の引きこもり出身という過去があるせいか、トークの合間合間に見える素(もこう、ではなく馬場豊)の闇の部分が見え隠れするのも魅力です。

定期的にオワコンになりかけるが、類まれなる運の良さによりそのピンチを乗り切ってきて、今に至ります。もこうを知らない人でも、この顔文字なら知っている人も多いかもしれません。

( ⌒,_ゝ⌒)

ch.nicovideo.jp

 

ジャック・オ・蘭たん 

 

 

古参実況者。

生放送はほぼしない、動画界隈の人気実況者。

 

現在の実況界隈における、もっとも古くからやっている部類の実況者である。

 

軽快なトーク、こじゃれた言い回しなど、聞いていると、なんとなくオシャレな雰囲気があるものの、本人は『実況界の三葉虫』などと自称しています。

 

宮助

 

 

 

女実況者、配信者です。

正直言って、女の実況者でトークが面白い人はかなり少ないのだけれど、宮助に限ってはその心配は全くない。奇想天外な語彙力に、発想力、その場面でどうしてその言葉が出てくる!とツッコミを入れたくなるような実況が、実にエキサイティングです。

 

最近顔出しをスタートさせて、公式番組にも出てくるようになったのですが、可愛いという感想と同時に、でかいという感想をも抱いているのは、ぼくだけではないでしょう。でも、もうアラサー

(何がでかい? いや、色々と)

 

面白い実況者、配信者はまだまだいっぱいいる! 

これからは個の時代であり、配信力がどんどんと問われてくる!

これからは、遊びが仕事となる時代であり、そういう時代の寵児といえる職業こそが、配信者であったり、実況者であったりだと思います。機械化が進むにつれて、彼らの需要はどんどんと高まっていくでしょう。

 

彼らの実況などを見て、面白い!という感想を抱くのは当然ですが、自分も配信をやりたい!という感想を抱くのも、また当然でしょう。そういう気持ちから、新しい世界の扉は開いていくと思うので、是非やってみましょう。

 

……そして、自分の過疎っぷりに泣きましょう。

 

では、わーわー言うとりますが、お時間です。

 

 

 

「キミって、今まで一回もお土産買ってきたことないよね」「・・・・・・え?」

ある日、バイト先の飲み会で、ぼくは店長からあることを言われた。

程よく酔っていて、気持ちよくなっていたぼくを、店長はある一言で現実へと引きずり戻したのだ。

 

 

「今までいろんな子たちを見てきたけどさー……ここまで一回もお土産を買ってこな  かったのは、○○くんが初めてだよ」

 ・・・・・・え?

 

 

「どういう意味ですか?」

「どういう意味も何も、そのまんまだよ。他の子はどっか行ったらお土産を絶対に買ってくるのに、○○くんだけは一度も買ってきたことないよね?」

そう言われてぼくは記憶を遡らせてみるが、記憶力に乏しいぼくでは一週間前のことですら禄に思い出すことが出来なかった。もしかしたらアルコールのせいもあったのかもしれない。ただ単純に頭が悪かっただけかもしれないが。

そのまま何事もなかったかのように飲み会は進行し、終わりを迎えたわけなのだけれど、みんな楽しそうな笑顔の中、ぼくだけが笑っていなかった。

 

別に不満不平があったわけではない。ただ反省していただけだ。

昔からそうだ。ぼくは異常なまでに、他人に対して気が利かない。

母親が髪をばっさり切って来たことに三週間気付かなくて泣かれた記憶もある。

そう、母親だけでなく、ぼくは他人に興味がないのだろう。自分以外はどうでもいいと思ってしまっているから――、お土産も買ってこないし、母親が髪を切ったのにも気づかないのだ。

 

 

ただでさえ対人コミュニケーション能力に難があり、友人の少ないぼくなのだ――。もう少し、多少のサービス精神があってもいいのかもしれないと、ぼくは強く、強く想った。

 

 

だから行動を起こすことにした。決意をしてからの行動はまぁまぁ早いほう。決意するのが遅いだけだ。

 

 

その決意とは、つまりお土産を買ってくるという、そんな決意である。

ひとえにお土産といっても、様々な種類がある。

食べ物、キーホルダー、産地限定のキティちゃん、etc,etc......

そもそもどこにも旅行の予定も無いというのに、お土産だけを買っていくというのも、まぁまぁ今思えば異様な行為であるという気もするのだけれど、そのときのぼくにはそんな思考は生まれてこなかった。

 

ぼくは家の六畳一間のワンルームで、考えた。ひたすらに。何を買っていくべきか。

住んでいるのは、中央線のとある駅。

バイト先には家から行くわけで・・・・・・そういう意味では、家付近で買えるものを買うことこそが、本当の意味でのお土産だといえるのかもしれない。

 

 

 

結果――ぼくが買うことにしたもの。

それは、服である。

ぼくが現在住んでいる街、それは古着と古本、サブカルの街。

バイト先の店長は女性であるので、古本よりは古着だろうと考えて、そんな決意をしたわけなのだけれど・・・・・・←もう大分おかしくなっている

 

一日古着屋を回って、そして見つけた服が、これである。

 

f:id:karatatsutan:20170124000127j:plain

 

 

 鏡が汚いのは、悪しからず。

 

……これは、やばい。服の柄がやばいし、そもそもお土産で古着ってどうなんだろうと、そんなことを今更ながらに強く想った。

 

 

一時のテンションや思いつきだけで行動するとこうなります。

反省しよう……

 

 

 

 

 

 

出会いを求めて年末年始派遣のバイトをやってみた

彼女が出来ない人生を送ってきた。つまりそれは、人から愛されることのない人生。

 

送って来ただけではなく、今現在も、送っている。

それはどうしてか? 

当然ぼく個人の魅力の無さもあるでしょうが、なにより足りないものがある。

それは――そう。

 

出会い、そのものである。

新たな出会いというものが、ぼくの生活には、まるで介在していない。

あるのは決まったルーティーン、くだらない男友達。そして両親のみ。

 

こんなことを書いたら男友達をくだらないなんて言うなんて!なんて言われてしまうかもしれないが、そんなことは知ったことじゃない。ぼくが誰よりくだらないのだから、ぼくの男友達もくだらないのだ。類は友を呼ぶ。スタンド使いは惹かれ合う。

 

一応は学生であるものの、その実態はほぼ無職の男。

碌に登校もせず、働きもせず、惰眠を貪る日々。

たまに働けば、初対面こそ好青年のフリが出来るものの、徐々にバレる社会性の欠如により、周囲の人から嫌われるという才覚。

 

そんなぼくが見出したのが、派遣のバイトだったのだ――。

なぜ派遣バイトを選択したか?

 

ポイント1

 人間関係を継続する必要がない=クズがバレる、嫌われても問題ない

ポイント2

 たくさんの人(女子)と関わる機会がある=失敗してももう会わなくていい

 

 

 結果、どうなったか?

 

ぼくはそう考えて、派遣のバイトをやったわけだけれど――。

得たもの。それはバイト代(日給10000円)だけだった。

 

 

どうしてダメだったのか?

  もう語るまでもないことなのだけれど、そもそもぼくに初対面の人と打ち解けられるだけのコミュニケーション能力がないというのが、一番の問題だった。 

 休憩室でも、ぼく以外の数人はライン交換をしていたみたいだし、その後吞みに行った人もいたらしい……。

 

 そう、つまるところは、そういうこと……。

 

 今回の学びは、そもそもコミュニケーション能力が無い人が何かをしても、そう上手くはいかないよという、そんなポイントにつきる。

 

 

死にたい。でも死ねないし生きる。生きている限りは、もう少し、頑張ろうと、足掻こうと思う。

無理はせず……出来るだけ……自分にできる精一杯の、前向きさ加減で……!