上京してから

本/映画/文筆  26歳男性 https://twitter.com/krrtats

最近見た映画の中で一番面白かった、「セッション」という映画について

アマゾンプライムで一際評価の高い映画があったので見てみることにした。

それが表題にもある、「セッション」という映画である。

 

セッション(字幕版)
 

 

ぼくは普段、面白いという事に対するハードルが凄まじく低い。美味しいというものに対するハードルも低く、女の子に対し可愛いと思うハードルも低い。

 

 

あらゆるハードルが低い人格で、だからこそわりと何でも楽しめてしまう。

それはある意味で安上がりだし、生きていくうえでも得をしているーーとも思う。

しかし、そんなぼくでも 

「あぁ、これは他の映画とはモノが違うな」と思える映画はたまにあって。

それが、今回紹介する「セッション」という映画である。

 

 

あらすじ

 

名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン(マイルズ・テラー)。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー(J・K・シモンズ)だった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さない彼におののきながらも、その指導に必死に食らい付いていくニーマン。だが、フレッチャーのレッスンは次第に狂気じみたものへと変化していく。

(シネマトュデイより引用)

 

映画全体の時間は約一時間半と、あまり長くはないのだけれど、それよりもっと短く感じた。短く感じるということは、つまるところ内容が詰まっているという事の証明でもある。

詰まっている人生ほど、短く感じると同じで内容のある映画ほど、あっという間に終わってしまう。

 

この映画、初めから終わりまで、落ち着くところがない。ずっとハイペースで物語は進んでいき、そのペースをキープするどころが、最後の九分十一秒に関しては、さらにテンポアップするのだ。

 

そう、ラスト九分十一秒。

それがこの映画の核となる部位である。

そのラスト十分弱のために、これまでのストーリーはあったといっていい。

主人公はぼろぼろに、打たれつくし、もうだめだ、これで終わりだという、その時。

そういうタイミングでこそ、才能の神様は微笑むのだ。そういう意味で、才能というやつはすごく残酷だし、刹那的で、保ち続けるのが難しいものなのだと思う。

 

最初は無自覚的に、周りだけが気付く。

才能を持っている人間は、その才能に気付くことをせず、ただ発揮する。

 

現実でもそうだと思う。

例えば自分の子供に特別な才能があることに、一番最初に気付くことが出来るのは、子供本人よりその親だろうし、先生だろうし、大人だろう。そういう意味で、才能はそこにただあるだけじゃ磨かれない。

 

誰かに見つけられて、育てられて、初めて形になる。宝石の原石とかと、そこに至るまでの過程は一緒なんじゃないかなと思う。

 

一見すると路傍の石コロ。しかし見る人から見れば、才能の塊ーーみたいな。そういう事が人生ではままある。そういう意味で、才能を見つけ育てる人にも、スキルや能力が求められる。

 

師匠と弟子。

お互いがお互いでなくてはならない理由がそこにはきっとある。例えどれだけ歪つであろうとも。見えない絆が、そこにはあるのだ。

 

 

 

 

過去を考えすぎても終わりがない=生産性が悪い


f:id:karatatsutan:20181028000456j:image

 

脛に傷の無い人間は居ないと思っている。

誰にだって過去の辛い記憶はあるだろうし、トラウマだってあるだろう。ぼくにだって思い出したくない過去の一つや二つ。いや、三つ四つと、無限大に存在する。不意に思い出した瞬間、なぜか奇声を発してしまうし、夢にみたら起きた瞬間に枕を壁にぶん投げる。

 

それからその過去、黒歴史を出来るだけ無かったことにして、何も感じていないふりをして、また現実を生きていく。生きていかざるをえないのだけれど。

 

(*_*)

 

例えばぼくの抱える黒歴史には以下のようなものがある。

 

・○○○○しているところを親にみられた

・実家でこっそり録画していたアニメのことが、親にバレていた(あまり知られたくないジャンルのアニメだった)

金田一耕介のドラマにはまり、場所を選ばず髪の毛をぼりぼりし、意図的に周囲にフケを飛ばすことに嵌まっていた

 

…………。

 

思い出すと無限大にぼくの精神ダメージが重なっていくだけなので、ここら辺にしておくけれど、もっともっとたくさんある。

その時にとった行動に関していえば、今でも後悔しているし、過去の自分に幻滅する。もしタイムマシンが実在するならば、その時々の過去へと戻り、黒歴史制作中の自分を殺害し、なかったことにするだろう(そして今の自分も消える)

 

しかしそれは現在の科学では不可能だ。

人はあたりまえだけれど、一秒前の過去にすら戻れない。常に進み続けて、スタート地点へ戻ることのない、ジェットコースターに乗っているようなものだ。走り出したら止まらない。徐行したり急降下したり、昇ったり曲がったりと色々だ。

 

人はいつか必ず死ぬ。

そこまでの過程を人生とするならば、経験した辛い事象(トラウマ)に対するアクションとしては、取ることの出来る行動はそう多くはない。と思う。

 

結局のところ、過去は絶対に変えられないのだから、気にしてもしかたがない。

 

忘れるか、過去の出来事に対する現在の印象を変えるかだ。忘れられれば、それは無かったことになるし、もし現在の印象を変えることに成功すれば、それは悪い思い出から良い思い出となる。デロリアンは現世には無いし、過去は変えられない。

 

それでも真面目な人は、過去を考えてしまうと思う。なぜそうなったのかを、分析し続けてしまうと思う。なぜわかる?

ぼくがそうだから分かるのだ。

しかし過去の要因をいくら探ったとしても、あくまでこれから。未来に生かすことしかできない。だから思うのだ。なぜ?より、いかにしてということを考えるべきなのではないかと。反省から一歩先へ。過去の分析で終わらず、だからこうしようという発想へ飛躍させる。過去を考え続けても、何も変わらない。終わりがない。それは果たして、気が狂っているのと、何が違うだろうか。

 

ぼくが言いたいのは、そう。

ただただシンプルに、どっちの生き方のが得っていうか、生産的かなっていう、それだけの話。

個人的におすすめな、高円寺で買える激安中華弁当【福龍門】の紹介

高円寺といえば、安くて旨い店が多いことで有名だ。とくにランチはいたるところに安くて旨い店がたくさんある。

むしろ多過ぎて困るぐらいだと思う。庶民の味方、いい意味であまりお金をかけることなく楽しめる町というか、そういう風に出来ている。

 

しかしぼくのように高円寺に住んでいると、あるていど通う店は決まってくる。最初こそ物珍しさでいろんな店に行ってみるのだけれど、それでもだんだん無意識的に店を選別していく。

 

今から紹介する店は、心の底からおすすめできる、めちゃくちゃ旨くて安い、ほんとに週3回は食べている弁当だ。

f:id:karatatsutan:20181016144125j:image

 

みて、この品揃え。

むちゃくちゃ種類が豊富なのだ。

しかもボリュームもすごい。ごはん大盛りでおかずも大盛り。蓋がはちきれんばかりに詰め詰めである。

 


f:id:karatatsutan:20181016144136j:image

店の名前は「福龍門」

高円寺駅を北口からでて、すぐのところにある。

 


f:id:karatatsutan:20181016144150j:image

 

お弁当の値段はなんと全て400円!

400円じゃあ、普通にこのクオリティかつ量の弁当は食べれない。格安すぎるにもほとがある。しかも、味も美味しい。濃いめの味付けがしてあって、ぼくを含めた男性らは絶対好きな味である。

400円でこの味かつこのボリュームというのは、ほんとうにそうそう無いレベルだと思う。コンビニでおなじだけ食べようとしたら、余裕で1000円はいく。それだけのクオリティかつ量が、この店の弁当にはある。

 


f:id:karatatsutan:20181016144159j:image

 

ランチもやっていて、これまた安い。

日替わりのメニューもあって、毎日来ても飽きないだろうとおもう。実際、毎日来てる人だっているだろう。

 

お昼に食べるものはすごく大事。大事だけれど、なかなか良い選択は難しいのが現実

 

だからこそ、それぞれみんな、自分が通っている店のようなものをみつけ、発掘するのだろうけれど、そういう意味で、ぼくはこの店を非常に推す。ここぞという時の一食!というより、日常の食事にかなりおすすめ出来る、普段の食事を少しだけアップデートしたいという人におすすめだ。

 

安くて旨くて多い。

それら以上に重要なことなんて、たぶん無いだろう。

 

西加奈子が好きすぎる【おすすめ紹介】

これは作家、西加奈子氏へのラブレターである。

 


f:id:karatatsutan:20181009122126j:image


 

 

ぼくが初めて読んだ彼女の作品のタイトルは、漁港の肉子ちゃん。

なんとも矛盾したようなタイトルなのだけれど、これは主人公の母親が、漁港にある焼肉屋で働いているからである。

本屋でその本を手に取った理由は、表紙の絵に惹かれたからだ。

 

なんとこの絵、西加奈子氏本人が描いているイラストらしい。

この本以外にも、たくさんの本の表紙を描く西加奈子の多才ぶりには、驚かざるをえない。番組で拝見した事もあるけれど、べしゃりも上手い。面白い。

 

器用貧乏というには、ひとつひとつの要素が高度すぎる。器用金持ちとでも表現しようか。器用で金持ち。最強である。

 

なにより美人なのがすばらしい。

ちょこちょこ髪型を変えているところを拝見するのだけれど、そのどれもが似合っていて、パズルがきっちり嵌まった時にも似たしっくり感を感じとる事ができる。

 

おすすめの作品を紹介

 

なんて見出しをつけてみたけれど、どの作品もおすすめだし、おすすめ出来ない作品がむしろ無い。どの作品も瑞々しく、そして想像力に富んでいて、何よりキャラクターが生き生きとしている。

 

それはすべての小説に共通する事項だし、西加奈子さんの書いたエッセイ「ごはんぐるり」にしても、主人公(つまりは西加奈子本人)のキャラクターというか性格がよく見える作品となっていて、これが彼女の書く作品の特色というか、特徴なのかなとも思う。人のちょっとした面白ポイントや、変な所を見つける、そして表現するのが上手い。それはつまり、すごく人に興味があるという事なのだと思う。

 

すべてが名作であるのは間違いないのだけれど、その中でも個人的にぼくがおすすめする五作をセレクトしてみた。

 

  • 1・サラバ!
  • 2・漁港の肉子ちゃん
  • 3・炎上する君
  • 4・ごはんぐるり
  • 5・あおい
 
サラバ!

 

サラバ! 上

サラバ! 上

 

あらすじ(すべてAmazonより引用)

 

西加奈子作家生活10周年記念作品 

1977年5月、圷歩は、イランで生まれた。 
父の海外赴任先だ。チャーミングな母、変わり者の姉も一緒だった。 
イラン革命のあと、しばらく大阪に住んだ彼は小学生になり、今度はエジプトへ向かう。 
後の人生に大きな影響を与える、ある出来事が待ち受けている事も知らずに――。 

 

以前このブログでも取り上げた事があるけれど、それでもやっぱり何度でも取り上げたい名作である。

 

 

漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)

漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)

 

 

みんな、それぞれで生きている。それでいい。圧倒的な肯定を綴る、西加奈子の柔らかで強靱な最新長編

 

肉子ちゃんと呼ばれる太った女性と、キクリンと呼ばれる聡明な少女、二人は親子だ。

果たして本当の意味で親子とはなんなのか、それを考える切っ掛けになる。でもシリアスすぎることもなく、笑える名作。

 

 

私たちは足が炎上している男の噂話ばかりしていた。ある日、銭湯にその男が現れて…。何かにとらわれ動けなくなってしまった私たちに訪れる、小さいけれど大きな変化。奔放な想像力がつむぎだす不穏で愛らしい物語

 

短編集ではあるのだけれど、一話一話の濃度は、長編のソレを変わらない。個人的な考えだけれど、短編集にはその作家の個性が出やすいと思っているので、西加奈子氏の作家性を感じたい人は、この本から読むのがいいと思う。

 

 

 

ごはんぐるり (文春文庫)

ごはんぐるり (文春文庫)

 

 

 

直木賞作家・西加奈子はこんなものを食べてきた! 

カイロの卵かけごはんの記憶、「アメちゃん選び?」は大阪の遺伝子、ひとり寿司に挑戦、夢は男子校寮母…美味しオカしい食エッセイ。

 

さっきまで紹介した作品とはうってかわって、エッセイ集である。作家西加奈子というよりは、人間西加奈子としての素顔が垣間見る事ができる。天才的な小説を書く人間は、案外庶民的で、普通の人だった。

 

あおい (小学館文庫)

あおい (小学館文庫)

 

 

27才スナック勤務の「あたし」と、おなかにへたくそな地図を彫っている3才年下のダメ学生・カザマくんは同棲して4か月。ゆったりとしたリズムにどっぷりと浸かった生活をしていた「あたし」は、ある日、妊娠していることに気づく。そして、気がつけば、長野のペンションへの短期バイトを決め、そのバイト先からも逃げ出し、深夜、山のなかで大の字になって寝っころがってしまう。そのとき、「あたし」の視野に、あるものが飛び込んでくる。

 

三編が入ったこの本、西加奈子氏のデビュー作である。著者本人が言うように、多少つたないところがあるのかもしれないが、それでもだからこそみずみずしく、デビュー作でこれが書けるポテンシャルには驚きを禁じ得ない。

 

 

結論・すべての本がおすすめだ

 

ここまで紹介しといてなんだけれど。

すべての本がおすすめだから、とにかく読んでほしい。そう、それだけである。

本を読み、世界を知り、想像して、世界観に浸る。それが小説を楽しむという事だと思うし、物語を楽しむという事だと思う。

 

そしてそれは、人生を楽しむということにも繋がってくるーーなんて思ってしまうのは、ぼくの考えすぎだろうか?

 

とにかく西加奈子氏はすごい。

たぶん小説の天才でもあるのだろうし、そして人生を楽しむ天才でもあるのだろうと思う。

 

 

 

 

ダイエットに成功しない人は、一度極端な事をやったほうがいいと思う


f:id:karatatsutan:20181002183221j:image

 

最近、すごく太った。

どのくらい太ったのかといえば、数字にして約十キロ。高校生のころと比べたら、もうシルエットが全然違うだろう。

 

それもこれも、ぼくが食べるのが好きだという事が原因である。あと、近所(中野)に大好きなラーメン屋(武道家)があるというもの大きいと思う。武道家は50円でライス食べ放題だからいつもいつだって食べ過ぎる。食べた後に後悔しなかった事なんて一度もないのだけれどそれでも少ししたらまた食べたくなる。ほんと、言い方はアレだけれど、麻薬でもはいってんじゃねぇのかと思う。それぐらい中毒性がある。

 

まぁそんなこんなで人生において何度目かのダイエット決意をしたわけではあるけれど、いままでほとんど成功したためしはなかった。なかったのだけれど、結果、初めて今回のダイエット、成功している気がする。

 

今のところ順調に体重は落ちてるし、このままのペースなら、一月で10キロぐらい減らせる予感がしている。すなわち一月で、太る前の体に戻れるということだ。魔法かよ。

 

ダイエットは、基本的に健康的に遂行されるのをよしとされている。無茶苦茶な食生活で一度だけ痩せたとして、リバウンドするのは目に見えているからだ。

 

しかし実際、一度でも痩せない事にはリバウンドはできない。

その、痩せるという事を経験するためにも、ぼくは一度極端なことをすることを推奨する。

 

たとえば、極端な食事制限とか

本来数ヶ月かけて健康的に進めるべきものをごく短期間でこなす事で、痩せるとはどういう事かというのが肌感覚でわかってくる。

 

スポーツでいえば、とにかく基礎練習を繰り返すより、とりあえず試合をやってしまったほうが、自分がなにをするべきか見えてくる。基礎練習をするのは、その後でいいと思う。基礎練習をやる必要性を理解する。なぜ健康的なダイエットでなければならないのか理解するために、極端な事をする。そして痩せる。その感覚を掴む。

 

それこそが一番重要な事なのではないかなと思う。

 

だからダイエットを始めようという人に対してぼくがまず提言するのは

 

三日間、何も食べるな

 

ということだ。そうすれば二キロは落ちて、痩せるという事がどういう感覚なのか、なんとなくでもわかるはず。

 

 

 

 

 

サラバ! 今さらながら読んだ感想をば

今さら語るようなレベルの小説ではないけれど、本当に今さら、『サラバ!』を読んだ。

 

サラバ! 上 (小学館文庫)

サラバ! 上 (小学館文庫)

 

 

サラバの著者は西加奈子先生という方で、写真を拝見したところ、とても綺麗な方である。格好もおしゃれで、でも自分のスタイルを確立している感じで、「あ、この人はモテるな」と思ったぐらいだ。ていうか好みだ。

 

あらすじ

累計百万部突破!
僕はこの世界に左足から登場した――。
圷歩は、父の海外赴任先であるイランの病院で生を受けた。その後、父母、そして問題児の姉とともに、イラン革命のために帰国を余儀なくされた歩は、大阪での新生活を始める。幼稚園、小学校で周囲にすぐに溶け込めた歩と違って姉は「ご神木」と呼ばれ、孤立を深めていった。
そんな折り、父の新たな赴任先がエジプトに決まる。メイド付きの豪華なマンション住まい。初めてのピラミッド。日本人学校に通うことになった歩は、ある日、ヤコブというエジプト人の少年と出会うことになる。

(Amazonよりあらすじ)

 

サラバ!は、自叙伝という体で物語が構成されていて、圷歩(あくつあゆむ)という名前の少年による一人称で、話が進められていく。

最初は子供なのだけれど、話が終わるころには37歳になっている。立派な中年といっていい年齢だ。そんな風にゆっくりと、一人の男の人生をおっていく物語なのだから、当然長い。大長編といってもいい長さの部類に入るこの本は、それでも読むのに難くない。なんていうか、読みやすいのだ。抜群に。たぶんそれは著者の力量の高さを証明しているということなのだと思う。頭に入ってきやすい文章ってのはやっぱりあって、(逆に頭に入ってきにくい文章というのもこの世には存在する)、西加奈子先生の書く文章、物語は、そういう事に特化しているように思う。

 

それは本人が大阪出身で、ノリがいい、笑いの分かる人だということも関係しているのかもしれない。読み手の空気や心情を想像して書いているのかもしれない。あくまでぼくの想像だけど、そういう事に対して、敏感な人なのではないかと思った。

 

これだけの大長編を書くというのに、西加奈子先生はプロットをまったく書かないらしい。それなのに、この整合性。伏線の回収。たまたまそうなっただけと本人はいうのかもしれないけれど、だとすればそっちのほうが凄いと思うのはぼくだけだろうか。

 

ぶっちゃけぼくは本を読むのが遅いのだけれど、それでも二日ぐらいで読めた。ページをめくるにつれて、世界観やキャラクターに対する理解が深まっていき、よりその先を追いたくなった。

 

 

特に好きなのが、主人公の姉、圷貴子なのだけれど、このキャラクター。全てが破綻していて、まともなところがひとつもないーーように見える。それは主人公の目を通して描写それているからであって、本当は誰も彼も、貴子のように生きねばならないのではないかと思う。貴子のように生きねば、本当に自分にとって必要なものは手に入らないんじゃないかと思う。最終的な貴子と歩の存在は、対照的に置かれていて、たぶんそれは、西加奈子生の哲学のようなものに、近いのではないだろうかと想像した。

 

サラバ について

 

サラバとは、魔法の言葉だ。

そもそも言葉は言葉でしかなくて、そこに意味合いをつけるのは、言葉の使い手であるぼくたち人間だし、あくまで元となる意味がそこに存在していて、それを表現するために、言葉を使う。

例えば【好き】という言葉があるけれど、恋している誰かを思い浮かべて使う時と、そうでないときでは、己にとって、あくまで己にとっての意味合いが変わってくる。しかしそれでも表面的には、あくまでただの【好き】でしかない。

言葉とはそういうものだ。

そういうものでしかない。

だからサラバは特別だ。あくまで、主人公の歩、そしてそれに関わる人にとって。

 

たぶんサラバは誰にでも存在していて、言葉ですらないのかもしれない。在るという事に気付かないほど、生活に密着していて、そこに当たり前にある。それがサラバだ。

 

人によって、それは宗教だったりするのかもしれない。サラバ!は宗教の話でもある。宗教とうものを、抽象的に捉えて、そして把握したうえで、物語を構成するうえで重要なキーのひとつとして、活用している。それは仏教だとかキリスト教だとかそういう話だけでなく、その人にとって幹となる信じられるものとはいったいなんだろう。それこそがサラバであり、人としての幹でもある。そう、サラバとはそういう話だ。

 

 

長いからーーと思わずに、読んでほしいな。

読めば分かる、とはまさにこのこと。

その世界観、サラバの世界観にどっぷり浸ってほしい。そして見つけてほしい。自分にとってのサラバを。

フリクリ【オルタナ】 を見た感想


f:id:karatatsutan:20180912003340j:image

 

池袋ヒューマックスで、フリクリオルタナ】を鑑賞してきた。


f:id:karatatsutan:20180912003354j:image


放映時間は二時間ちょい。

全く細かい説明がされる事なく展開されていくストーリーは相変わらずだった。

 

作風は全く変わってなくて、安心感すら覚える。逆に言うと、安心感を覚えてしまうぐらい、変わることなくフリクリだった。

 

 

全くフリクリに関する前提知識の無い友人と観に行ったのだけど、それでも大丈夫な作りになっていた。前作もそうだったけど、たぶん恐ろしく深い設定のほんの一部分だけを抽出しているという事なのだと思う。

 

しかしわずかにも前フリクリとつながるポイントがあって、それが古参のファンにも嬉しいかな。ぼくは別に古いファンではないけれど。むしろ今年フリクリを知ったという超新参者である。

 

使われるパロディのネタが当たり前だけど現代的だった。昔のネタをされても今の人にはなかなか響かないんだろう。

 

別名 ピロウズのPV

 

フリクリというアニメが持つ特色として、とにかくピロウズの曲がたくさん流れるというのがある。

所せましと、流されるピロウズの曲。

ピロウズフリクリはもはやセットだし、切っても切れない関係だといえる。

ぼくはあまり音楽を聞く趣味はないけれど、ピロウズだけは聞こうと思える。

とにかく使い方がかっこいい。

制作者、わかってるわーと思う。

 

今までのフリクリと違うところ

 

として、あげられるのが、主人公たちが女子高生で、より青春とか、友情とか、そういう色が強まっているというポイントだと思う。

昔のフリクリは良くも悪くもそういうのを全てとっぱらったふところの大きさみたいなものがあった気がしたけれど、だからこそ掴み所が無かったし、その掴み所の無さが、ハル子というキャラクターの魅力に繋がっていたのだと思う。そう、そうだ。書いていて見えてきた。今回のフリクリオルタナ】は分かりやすいのだ。分かりやすい。キャラクター一人一人に対して物語が当てられていて、綺麗に一人一人の物語は完結する。あとの話まで引っ張らないのだ。

 

分かりやすさと分かりにくさ

 

フリクリオルタナ】はフリクリ無印と比べて非常に分かりやすい。ただ分かりやすいぶん、ちょっと大味なような気がする。

 

それでも面白いことに変わりは無いし、ぼくはフリクリが好きだ。ハルコが好きだ。無印の主人公、ナオ太のように。

 

とりあえず、プログレに期待!!!!!

 

 

 

 

 

電撃大賞、三次落ち

表題の通り、電撃大賞は三次だった。

 

 

この結果を良いとみるか悪いとみるか、それは個々の判断でしかないのだろうと思う。

 

ただ今まで三次まで残れたという事はなかったし、そういう意味では実力自体は伸びてるに違いないという希望的観測。

約5000の中から200までのこれたというのは、自信になる

 

過信にはならないようにしないと。

 

書いてる途中で、なんとなくだけれども小説の書き方がわかってきた気がして、成長の実感があった。気のせいかもしれないけれど。

 

 

次はどこに出そうかなぁ 

 

漫画描きたい

 

 

【杉並区】夏が暑いから杉並第十小学校温水プールに行ってきた【オススメ】

 

 

夏が暑すぎる。

 

あまりに暑くて、耐えられなかったその日、ぼくはプールに入りたくて仕方がなかった。

もう何年もプールに入っていない。

上京してからもうずっと入っていない。

そもそも東京には、地方によくあるような、1日100円とかで楽しめる市民プール的なものが少ない気がする。豪華なレジャーランド的プールはいくつもあるけど、別にそういう所に行きたいわけじゃないのだ。

 

うだるような暑さに耐えつつググると、発見した。それが杉並第十小学校温水プールだった。


f:id:karatatsutan:20180723205506j:image

 

基本的な情報

(杉並区役所のサイトから引用)

 

住所〒166-0012 杉並区和田3丁目55番49号電話番号03-3318-8763利用時間午前9時から午後9時休業日毎月第1火曜日、年末年始(12月28日から1月4日)
ただし第1火曜日が祝日に当たるときは、その翌日が休場日

 

交通アクセス東京メトロ丸ノ内線東高円寺駅」から徒歩2分施設内容【一般用・6コース】25メートル×13メートル 水深1.2メートル~1.4メートル

【幼児用】12メートル×4メートル 水深0.55メートル~0.6メートル

 

駐車場駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。利用方法貸切使用
事前予約が必要。

一般使用
事前予約は不要。スケジュールをご確認のうえ、直接お越しください
備考ご利用にあたっては「水泳帽」が必要。


f:id:karatatsutan:20180723205552j:image

 

東高円寺駅からすぐの場所にある。

歩いて三分もかからない。

f:id:karatatsutan:20180723205450j:image

 

ほんとうに、小学校の敷地内にある。

一瞬入ってもいいものかと躊躇った。

 


f:id:karatatsutan:20180723205614j:image

 

こんな感じで階段を降りた先にプールがある。もうすでに塩素の匂いがした。なつかしい匂い。小学校のプール特有の。

 

料金

(これまた引用)

 

貸切使用(2時間)
温水プール使用料金(2時間)
(1コース)6,000円

少年団体、障害者団体は、上記料金の半額となります。
個人登録で使用者の過半数以上が杉並区在住・在勤・在学の障害者の方の場合は、上記料金の半額となります。
一般使用
1時間につき 大人250円 小人(4歳~中学生)130円

延長の場合
30分につき 大人130円 小人(4歳~中学生)70円

 
利用した感想

 

かなりいい感じのプールだった。

ちゃんと泳ぎたい人には泳げるコースが用意されていて、ウォーキング用のコースもあったり、自由に使えるコースもあったり。

 

利用客の年齢層はばらばら。

子供から老人まで楽しんでいた。

 

あーでも、若い女の子はいなかったような、、、。どうだろう、ぼくが泳ぐことに夢中すぎて、目に入らなかっただけかもしれない。

 

 

 

電撃大賞の一次選考を通過したぼくが、作品を書く上で気を付けた事

第25回電撃大賞に応募したのだけれど、その結果が七月の十日に出た。

結果、ぼくの送った小説は一次選考を通過していて、二次そして三次選考へと進む事となったのだけれど、その賞へと送られた小説の総数を知って驚いた。

 

その数なんと、4843!

 

そしてそこから一次選考を通過したのが、510の作品となる。

 

f:id:karatatsutan:20180720210030j:plain

図のどこかに、ぼくの作品がある。

 

倍率にして、約十分の一ぐらいしか、二次へは進まない事となる。

もちろん選考は二次で終わらず、三次四次、そして最終選考へと至る事となるのだけれど。最終的に受賞する確率は、なんと一%以下らしい。

恐ろしい倍率だ。倍率だけで言ったら、なかなか比肩しうるものがない程難しい。

 

いや~これはどうなのかな。

 

そりゃあ出来る事なら受賞してほしいし、出版されたいものだけれど、そこまで現実が上手くいかない事も理解してるつもり。

しかし、執筆において、意識した事が無いわけではない。

 

意識した事

 

意識した事は、それほど多くない。

まず、キャラ。そしてそのキャラが居るのがどんな世界なのかという事をハッキリさせる事。そしてそれを序盤で書いて、何か問題が起きて物語が進んで行く。ある意味で、キャラクターや設定が全てなのではないか――という、そんな思惑で、小説を書いている。

 

本当は、最初から終わりまでプロットを考えた方が良いのかもしれないけれど、考えた所で全然思った通りにはいかなかったからあきらめた。

 

イメージとしては、序盤だけちゃんと頑張って、結果どうなるかは流れに身を任せるという感じ。流れというか、キャラクターに任せる。任せられるぐらい、キャラクターを立てる事を目標に書くというか。

 

キャラクターを立てる事と、物語の目的を創る事。その二つを意識して書いて、一次は通った。でも、これをやったから一次を通過したのかどうかは分からない。次回送ったら一次で落ちるかもしれないし、ていうかたぶん落ちるだろうし……。

 

とにかく二次選考を通っている事を祈るばかり……。

そして願わくば、なんでもいいから受賞したい!