上京してから

本と映画と漫画と人

ベルギーに日本が負けた次の日、僕はアール座読書館へ足を運んだ

昼頃に目が覚めたぼくは、まず近所の100円ローソンへ。

そこでカレーとライス。冷凍の野菜ミックスを購入して、家で食べた。最近嵌まってる食べ方で、合計300円しかかかってないのに、すごい満足感がある。野菜って大事だなーと、まざまざと感じさせられる。

満腹になったぼくは家を出た。


f:id:karatatsutan:20180703180056j:image

 

パル商店街を進んで途中ペットショップの前を右折した場所にある、アール座読書館。


f:id:karatatsutan:20180703180105j:image

 

階段上がるとこんな感じ。

シックで落ち着いた雰囲気。

 


f:id:karatatsutan:20180703180117j:image

 

三階部分と二階部分に別れていて、三階は雑残オーケーブース。二階は私語禁止となっている。読書専用ブース。

 


f:id:karatatsutan:20180703180126j:image

 

アール座読書館の内装へ


f:id:karatatsutan:20180703180143j:image


f:id:karatatsutan:20180703180156j:image

 窓際の席。しゃれおつ


f:id:karatatsutan:20180703180204j:image

 

注文したアイス・オレ。

480円。暑かったから一気に飲んでしまった。


f:id:karatatsutan:20180703180215j:image

 

二階にはたくさんの書籍がある。古典から絵本まで、よりどりみどり。

 


f:id:karatatsutan:20180703180238j:image

 

熱帯魚の泳ぐ水槽が目の前にある席もある。

その席はひとつだけソファーで、広く座り心地もいい。いわば、当たりの席だ。


f:id:karatatsutan:20180703180228j:image

 

地味な面白ポイントが、このメモ帳だ。

アール座読書館の至るところに置いてあるメモ帳には、来店したお客さんが自由にメッセージを書き込める。

 

なかにはポエムが書いてあったり、誰かへの恋文が書いてあったり、その日の日記、はたまた決意が書いてあったり。これを読むのが地味に面白い。

 

ぼくも地味に書いておいた。めちゃくちゃどうでもいいポエム染みた何かを。

 

 

雰囲気が抜群にいい

 

アール座読書館の雰囲気は控えめにいってもサイコーだ。落ち着いてて、どこか冷えた空気。私語禁止なのに、心が落ち着く。

 

高円寺に住んでる人も住んでない人も、是非行って欲しい。いや、やっぱり行ってほしくはない。常連客にでもなられたら、店が混んでしまう。

 

あそこは極少数の人間だけで堪能すべき、特別な空間だ。しかしそんなすばらしき空間は、だれが何をせずとも勝手に広まってしまうもの。

 

夕方店をでて、伸びをすると固まった筋肉が解れる音がした。

 

今日は久しぶりにジムにでもいって、身体を動かすかと決意する。

 

ちょっと頑張る気力が湧いた。

 

 

煮干し中華そば 麺屋銀星【高円寺】を食べる為に自転車を走らせる

高円寺を南口からでてまっすぐ進むと到着するラーメン屋。

その日はなんとなく煮干し系のつけめんが食べたいな〜なんて思っていたから探してみると、あった。駅前に一件。評判がいいのが。

自転車を走られること五分。



f:id:karatatsutan:20180626211442j:image

 

到着したそのお店は、すぐとなりにラーメン大があって、近くにも天下一品や一蔵もあり、割りと激戦区の中にあった。


f:id:karatatsutan:20180626211448j:image

 

 


f:id:karatatsutan:20180626211515j:image

 

券売機で味玉・特製煮干しつけめんを買う。

 

 


f:id:karatatsutan:20180626211528j:image

 

卓上はこんな感じ。

煮干しパウダーがあるのが、煮干し系って感じでよきかな。

 

店内は広くはないものの、清潔感があってよかった。個人的に、広いラーメン屋より適度に狭いほうが好き。なんでだろ?


f:id:karatatsutan:20180626211542j:image

 

注文して、少ししてきたのがコレ。


f:id:karatatsutan:20180626211442j:image

 

並盛と中盛が選べたので、中盛を選択。

汁からは煮干しのいい匂いがした。

 


f:id:karatatsutan:20180626211609j:image

 

麺どあっぷ。


f:id:karatatsutan:20180626211615j:image

 

汁どあっぷ。

 

食べた感想

 

にぼにぼ感は強すぎないものの、非常に旨い。もっと煮干し感が欲しい人は、煮干しパウダーをもっと追加すれば良いかも。

また行きたいなー。

 

 

……最近、このブログ。高円寺食べある記になりつつあるような。まぁいいんだけどさ。

 

 

 

高円寺で一番美味しい、信濃という名前の蕎麦屋



f:id:karatatsutan:20180624143240j:image

 

高円寺にある蕎麦屋で、一番評価されているのが、信濃という蕎麦屋だ。

JR南口から商店街を進み、途中右に曲がったところにある。


f:id:karatatsutan:20180624143253j:image

 

内装はこんな感じ。

いい意味で昔ながらの蕎麦屋というか、全然気取っている感じもない。

店の人たちもすごく優しくしてくれて、自転車を置く場所を案内してくれたりした。

 

地元の小学生が、入り口の向こうから「おばちゃんバイバイ」と声をかけていたりして、ここは本当に東京か?と思ったり。

 


f:id:karatatsutan:20180625135120j:image

 

メニューはこんな感じ。

ぼくはとろろそばを注文した。

 

少しして運ばれてきたそれは、すごく美味しそうで、事実美味しかった。

そばがおいしいのはもちろん、とろろがいいとろろだった。なんていうか、ちゃんと芋だった。よく食べるとろろって、ちょっと柔らかすぎたりもするのだけれどそんな事もなく、食感味共によし。

 

人気店なのに、お店にいるのは地元の人がメインらしく、だらっとした雰囲気が流れている。これも高円寺という場所の、土地柄なのかもしれない。

 

帰りにアイスを買って食べた。

蕎麦を食べた後は、なぜかアイスが食べたくなる。夏だからか。
 

 

商売について、もう一度考えてみよう

ぼくは物事を、つまるところーーと言う風に表現するのが好きだ。

物事を単純化したいという気持ちがあって、複雑に物事を考えたくないという願いもある。すべてを一つのルールで管理したいという気持ちが強い。

 

生活に必要なものは何だろう。

生きるのに一番大事なのは……分からないけど、とても大事なのはお金だ。

お金がないと、ご飯も食べられない。ちょっとした買い物も出来ないし、やりたいことの実現出来る範囲が、すごく狭まってしまう。

 

だから考えてみた。

考えている事をまとめてみた。

 

 

 

 

お金を稼ぐということ

 

お金といってもどこから考えればいいのか分からないので、まずは身近なアルバイトから。

 

ぼくがたまに入っている派遣のアルバイト。

時給は1000円。だいたい八時間ぐらい働いて、8000円。

 

これはわりと最低時給で、かなり相当に、ランクの低いお金の稼ぎかただ。

でも、分かりやすい。

 

お金には色々な稼ぎかたがある。

ではそのたくさんある稼ぎかたの中から、見つける事のできる共通したルールはなんだろう

 

一例

 

①ぼくは、労働力を売って、対価としてお金をもらっている。そう考えることが出来る。極論、ぼくでなくてもいい。だから、ランクは低い。

 

②今日食べた松屋の牛丼。380円。

ぼくは牛丼を380円で買って、食べた。

 

③芸能人が一番組に出た出演料。芸能人が売ってるものはなんだろう。ぼくが思うに、その人ならではのブランドだ。看板ともいえる。

 

以上は一例だけど、色々と分析した結果。

売れるもののすべては

 

=需要のあるコンテンツ

 

に至るのだと思う。

 

それぞれの商売における、コンテンツ

労働力

牛丼、接客サービス

③は芸能人タレントインフルエンサー

 

ではそれぞれのコンテンツの需要はどこにあるのだろう?

 

労働力の需要は、派遣会社が探してくれる。

人をそこに当てはめるだけなので、簡単。

でも誰でもできるから、賃金は低い。誰でもできる=価値の分散

 

牛丼の需要は、いままでの牛丼ブランドが作ってくれたものだ。ただ、松屋吉野家すき家など、競合はたくさんあるから、その中で抜きん出る必要がある。どんな牛丼→どんなコンテンツ?

あとやっぱ、美味しいものには需要がある。

当たり前だけど。

 

芸能人やインフルエンサーは、彼ら自身が、コンテンツであり、需要なのだ。だから、彼らが使ってるアイテムには価値がつく。=値段があがる。

 

 

だから、つきつめると

需要とコンテンツ。そのふたつが大事。

 

いかにしてその二つを作るか、なのだろうと思う。

 

作家は、コンテンツを作る。

出版社は需要をつくる。

 

↑こう考えると分かりやすいかも。

だからそれを一人で作ることが出来れば、最強なのだろうし、会社が大きくなればなるほど、合計値=総資産は、大きくなる。

 

だからつまるところ、難しいことを考えずに

 

需要をつくること(需要を読むこと)。コンテンツをつくること。

 

に、集中すればいいのかなと、そんな事を思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【高円寺】バーン・イサーンでグリーンカレーを食べた


f:id:karatatsutan:20180621160516j:image

 

 休日、急にカレーが食べたくなった。

カレーといっても、欧風のカレーや、インドカレーではない、、、。グリーンカレーが食べたい。強くそう思った。

近所でグリーンカレーを食べれる店を探すと、一つ発見。名前をバーン・イサーンという。高円寺の駅を南口にでて、すぐの場所にある。

行ったのが昼頃だったから、ランチタイムだった。ランチメニューのグリーンカレー。550円。大盛りは600円。やすーい。

でもそんなたくさん食べたい気分ではなかったから、並を注文。

 注文してから、驚くぐらい早く届けられた。ほんと、二分ぐらいで。


f:id:karatatsutan:20180621160524j:image

 

米はタイ米で、パラパラしていた。

グリーンカレーは、少し辛いけど、そこまでではない。味は美味しかった。ていうか550円というコスパ感を考えたら素晴らしい美味しさ。また行きたい。

 

平日の昼間にだらっとスウェットとかジャージで行くぐらいが、ちょうどいい。

 

 

 

 

まい泉のトンカツサンドを食べた感想


f:id:karatatsutan:20180620231316j:image

 

まい泉のトンカツサンド

食べるのは初めてだった。

お金の無いぼくに、友達が買ってきてくれた、ありがたい、、、、。

 

 

たべるとしっとりしていて、味も濃く、カツはふわっとしている。美味しい。間違いなく美味しい。

 

 

なんでもお土産にとてもおすすめらしい。

三つで一つらしいけど、成人男性は三つじゃたりないだろうなー。六つは食べたいところ。それでようやく、腹八分目と行った感じである。

 

 

朝起きてからまずすること【書を捨てよ、町へ出よう】

は、当然洗顔や歯磨きなのだけれど、それ以外に、ぼくには習慣がある。

 

それは、その日の予定、こなす事を、頭の中でイメージする事だ。

 

午前中はこれをやって、午後はこれをして、夜はこれをやる……的な。

 

それをやる事で、めちゃくちゃだった頭の中の地図が、なんとなく整っていくのが分かる。目指すべき方向性、羅針盤が、曖昧に形を成していくというか、そんな感じ。

 

ただ、そこでポイントがあって、イメージはするけれど、イメージをし終わったら、それを忘れて、現実を生きるのだ。

そうでないと、想像に捉われて、実際の行動力が落ちる。

妄想や想像をしたまま、現実実際は、ベッドの中という事もままある。

だから、実際の行動をする時は、現実だけを見つめて、生きなければならない。

 

その塩梅が難しいというか……。ぼくは一番病んでいた二十代前半、この状態が非常に長かった。ずっと頭の中でうじうじと考えて、煮詰めて、掻き混ぜて。

それでも当然、答えは出ない。当然だ。家から出ないと、何も始まらない。

 

書を捨てよ、街へ出よう。

寺山修司氏も、そんな事を言っていた。

 

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)

 

 

 

百冊恋愛の本を読むよりも、一回恋に落ちた方が、ずっと経験値は手に入る気がする。

辛い思いもするだろうし、幸福な気持ちも味わうだろうけれど、別に、それはそれでいいと思う。何より怖いのは、何も知らない事じゃないだろうか。

 

ただ、イメージ出来る事というのは、既に頭の中にある事だから……。

頭の中に無い、未体験の現状に遭遇した時、イメージから抜け出せていないと、反応が悪くなる。だからあくまで、今が大事。イメージしたら、それは捨てる。

 

そう、まさに。書は捨てる。

イメージは知識。書から発露されるもの。

 

 

 

雨の日、青藍という名前のカレー屋へ

 

 

高円寺にある、青藍というカレー屋に行った。

なんでもマツコ・デラックスが番組で絶賛したらしく、ネットで評判を見た感じ、相当に美味しいらしい。一時期カレー屋でアルバイトをしていたぐらい、ぼくはカレーが好きだ。

 

 

この日、東京は雨が降っていた。

なんでも台風が、日本列島の隣を通過しているとかしていないとか。

まぁ引きこもりには、あまり関係の無い話だった。

ぼくはこの日、高円寺に住む友人に声をかけ、その店を訪れた。

雨が降っているというのに、開店前のその店には、既に人が数人ばかり並んでいた。次いで並ぶ事数分、入店。

 

店内は、いかにも個人経営のカレー屋といった風情だった。

清潔感溢れるという感じでもないけれど、ぼくはこのぐらいのほうが好きだ。

卓上には、カレーの説明があった。なんでもスパイスに特色があるらしい。



f:id:karatatsutan:20180611224207j:image

 

少しして、友人の元へ先にカレーが運ばれてきた。


f:id:karatatsutan:20180611224217j:image

 

すぐにぼくの元へもカレーが運ばれてきた。

見た目はこんな感じ。



f:id:karatatsutan:20180611224240j:image

 

 野菜がたっぷり入った、少しスパイシーなカレーだった。

見た目も華やかだけれど、食べて驚いた。

いや、ほんと。驚くぐらい、美味しかったのだ。

ほんと吃驚した。触感といい、味といい、めちゃくちゃ美味かった。

また絶対来たい。個人的には、高円寺NO1カレーの座をあげてもいいかなと思ったり思わなかったり。

 

 

 

雨の日は寝すぎてしまう

雨の日は寝すぎてしまう。

 

気圧のせいか、普段より日の光が弱いせいかは分からないけれど、普段起きる時間よりもずっと遅くに目が覚める。

目が覚めたところで、べつに身体は起き上がらない。起き上がる気もない。そんな元気が湧いてこない。

 

こういう時、うちの天井が雨漏りしていたらなと思ってしまう。昔のコントみたいに、降り注ぐ雨が顔面に直撃するようなことがあれば、これ以上なく自然に、目が覚めるに違いない。

 

ただ同時に不快でもあるだろうけど。

自然は常に一長一短。人にとってメリットがあるだけではない。ただそこにあるだけ。適応しなければならないのは人間のほうだ。

 

だからいつも、ぼくは思う。

人は無理をしてはいけないのだ。

頑張るのと、無理をするのは違うら、

頑張るのは、自分の出来ることをひたすらにやること。無理をするのは、これ以上は曲がらない角度に、間接を伸ばすこと。関節技と、柔軟体操ぐらい違う。そこを混同してはいけない。

 

無理をするのではなく、それをそういうモノとして受け入れて、それを前提に行動、思考する。だから大事なのは、記憶より記録。あくまで客観的な観測なのだろう。

 

まぁ、とどのつまり。

二度寝をすることに対しての、言い訳でしかない。

 

おやすみなさいー

【ドラゴンボール】孫悟空の魅力を語ろう


f:id:karatatsutan:20180608150248j:image


今更ながらドラゴンボールに嵌まっている。

原作も読み返したのだけれど、改めて悟空の魅力がやばい。いや、あれだけの人気漫画なのだから当たり前なのだけれど。

 
f:id:karatatsutan:20180608145837j:image



悟空のなにがいいって、強くなること以外には興味が無いことだ。

ぼくの考えるいい主人公、ヒーローの持つべき条件、資質には、欠損がある。

欠損があるーーだなんて、なんとなく矛盾しているような文章だけれど、そうではない。

 

あまりにも悟空は強くなりたすぎて、だからこそ、他の事はどうでもいい。

作中、本気でキレたのは、たった二回だけ。

 


f:id:karatatsutan:20180608150142j:image

 

クリリンが殺された時だけだ。

 

 


f:id:karatatsutan:20180608150207j:image

(タンバリン)

 

タンバリンと、フリーザにそれぞれクリリンは殺されている。その度に悟空は激怒して、タンバリンに対してはらしくもない「ぶっ殺してやる!」という言葉を吐き、フリーザに対してはスーパーサイヤ人になることで、打ち倒してみせた。

 


f:id:karatatsutan:20180608150237j:image

 

そう、厳密にいうならば、悟空は自分が強くなることと、クリリンのこと以外は、どうでもいいのだ。

 クリリンは少年期から、ずっと一緒にトレーニングをしてきて、ほかのメンバーとは違う感情を抱いている感じがする。たぶん息子のことより、クリリンのほうが好きに違いない。


f:id:karatatsutan:20180608150418j:image

 

それはセルゲームのワンシーンにも現れている。

悟空はダメージを負ったセルに対し、あろうことかフェアじゃないとかなんとか言って、仙豆を投げ渡すのだ。(仙豆とは、どれだけダメージをおってても回復する、魔法のような豆のことだ。一粒たべればお腹いっぱい)

 

いや、、、。地球の危機に対して、悠長すぎるだろう。悟飯が倒せると自覚していたのだろうけれど、それでも確証なんかない。博打にもほどがある。セルに対して、Z戦士みんなで一斉にかかれば、わりと倒せる相手だと思うのだ。悟空一人でいい勝負が出来たんだし。それなのに、、、。強くなりたい、試したいという気持ちが強すぎて、悟空はもはや、常人の神経じゃない。まともじゃないのだ、どう考えても。

 

 

 

だからこそぼくは思う。やっぱり孫悟空は、最高のキャラクターだと。

それほどまでに強さを求める、、、。

少年漫画の王道ではあるものの、やっぱり少し変わったキャラだと思う。タイプでいえば、HUNTER×HUNTERのゴンに近いのかな。

善悪より、好き嫌い。

また戦いたいから、トドメはささない。

 


f:id:karatatsutan:20180608150811j:image

 

 

結果勝手にーー地球は救われる。

地球を救ってやろうだなんて、ほんとは全然思ってないんじゃないだろうか?

だからいい。恩着せがましくない。あくまで強いやつと戦うという目的の副産物として、地球の平和がついてくる。

 

そのぐらいがいいのだと思う。

というより、好きだ。