上京してから

本と映画と漫画と人

留年した大学生の就活について語る


f:id:karatatsutan:20180419171953j:image

 

自分、複数回の留年経験があるのですが。

 

一応就活をしている身として、壁にぶちあたっている所です。

 

たぶんこれは留年した側の人間からしかみえない景色で、世間は意外と留年に寛容ではあるみたいなのですが。

 

まず、ベンチャーに行きづらい。

 

 

理由として、就活サイトを見ているときに、先輩の言葉的なものがあるじゃないですか。

 

 

その先輩の年齢が、自分より下だったりするともうね、、。

 

 

年齢なんて仕事には関係ないという意見も分かるんですけど。

 

 

やっぱり雰囲気的には行きづらいです。

 

 

自分が意識しすぎてるだけってのもあるんでしょうけどね。

 

そういう人間なのはもう生まれつきなので、仕方がない。

三つ子の魂百までじゃないけど、そういう自分を受け入れて生きてくしないと思ってます。

 

昔知り合いの紹介でクラブのsp?的なバイトをしたとき、そこのオーナーはぼくとほぼ同い年ぐらいだったのに対して、spの平均年齢は40歳ぐらいだったんですよね。

 

すごい顎で使われているような感じで、まあ、これも仕方がないのかなと。少しせつなく?悲しく想ったのを覚えてます。

 

これが社会であり、世間なんだなと、納得させなきゃと思ってます。

でも、バイトならともかく、会社って何十年と続くわけじゃないですか。居づらさって本能的なものだと思うから、、。本能を無視するってのは、なかなか難しいかと。

 

そんなことを、カレー屋のバイトで年下の女の子から注意されて、ぼくは思ったわけです。