上京してから

本と映画と漫画と人

【原作】ハサミ男【感想】

ハサミ男、面白かった。

 

 

ハサミ男 (講談社文庫)

ハサミ男 (講談社文庫)

 

 

 

典型的な叙述トリックというか、お手本のような叙述トリックというか。そのくらいに、丁寧に物語はすすめられる。

 

wikiよりあらすじ

舞台は2003年の東京。女子高生2人が同様の手口で殺害される事件が発生していた。2件とも被害者の喉にハサミが深く差し込まれていたことから、マスコミは犯人を「ハサミ男」と命名。ハサミ男は連続猟奇殺人犯として世間の耳目を集めていた。

一方、ハサミ男は3人目の犠牲者を選び出し、入念な調査を行っていた。しかしその調査の中で、自分の手口をそっくり真似て殺害された犠牲者の死体を見つける事となる。先を越されてしまったハサミ男は、誰が殺害したのか、なぜ殺害したのかを知るため調査を開始する。

 

 

ぶっちゃけ犯人はミステリを少し読む人ならすぐわかると思う。

 

でも犯人が分かっても読み進められる面白さが確かにあった。

 

調べてみると作者の殊能将之先生は既になくなっているらしい。非常に残念。相当に聡明な方だったのだろう。

 

実写化もされていて、主演は豊川悦司麻生久美子

 

そちらの評価も高いようなので、是非に。