上京してから

本と映画と漫画と人

【原作】ナラタージュ【感想】

 
f:id:karatatsutan:20171005122703j:image

 

 

あらすじ

 

 

bookmakerより引用

壊れるまでに張りつめた気持ち。そらすこともできない――二十歳の恋

大学二年の春、片思いし続けていた葉山先生から電話がかかってくる。泉はときめくと同時に、卒業前に打ち明けられた先生の過去の秘密を思い出す。今、最も注目を集めている野間文芸新人賞作家・初の書き下ろし長編

 

 

 島本理生さんの作品を読むのはこの本が初めてで、映画化されてるからなんとなく手に取ったぐらいの感覚だった。

 

たぶん、女の人が恋愛に対して普段考えていることって、こういう事なんだろうなと考えさせられる。

 

泉は葉山先生が好きなのだけど、二人の関係は教師と生徒。しかも葉山にはある秘密が会って、、、というストーリー。

 

たぶん二人は出会ったタイミングが悪かったのだろう。悪かったからこそ惹かれあったともいえる。そのタイミングでなければ、ただすれ違うだけの他人でしかなかったかもしれないのだから。

 

一人一人のキャラクターにリアリティがあって、ちょっとした行動であったり、考えていることに、いちいち心を締め付けられる。

 

 ネタバレになってしまうけど、小野くんとあう男の子がでてくる。大学生で、いいやつで、泉に好意をもっている。

 

一緒にいてくれるだけでいい、幸せだから。

と、彼は言った。

 

そんな小野くんに対して泉が言った言葉。そんなこと言われたら反則だよって、ぼくは思った。たぶんそれは、恋愛ではなく、愛なのだろう。

 

たぶん人によって、この本対する感想は変わってくる。感想というか、受け取り方。女性なら泉に感情移入するだろうし、男性なら葉山か小野くんか。

 

甘いだけでは終わらない。

現実の中にある、確かな理想。

理想の全ては叶わない。

この本は、そういう小説ではないからだ。

 

でもラストシーンを読んで、思った。

たぶん本当に叶えたい、叶ってほしかった泉の願いは、叶っていたのだろうと。