上京してから

本と映画と漫画と人

アムウェイに勧誘されて、思った事【MLM】

 

 

 

ドラマ池袋ウエストゲートパークの主人公、マコト。

劇中でマコトの母親がハマっていたのが、他ならぬマルチと呼ばれるネットワークビジネス、ねずみ溝。

まぁ、説明せずとも理解してもらえるでしょう。自分が紹介して、商品を買ってくれれば買ってくれた代金のうちの何%かを、自分に紹介してくれた人に献上するという、そんなシステム。

 

ぼくも勧誘された事があって、場所はたしか渋谷のカフェだった。

Facebookを通じて美女から連絡が来たかと思えば、、、男って、ほんとばか。

ぼくより二歳年上の当時二十五歳の美女。

会っていきなり聞かれたのを覚えている。

 

「○○くんって、夢はあるの?」

 

初対面の相手に聞くような質問でないのは普段空気の読めないぼくでも理解できた。

 

「夢……どうだろう」

 

「夢はもったほうがいいよ!私の夢はね、アメリカにでっかい図書館を作ること!」

 

なんとも大層な夢だ。

ぼくは思わず「すごいね」と声を漏らした。

 

「じゃあいままで海外とかには結構行ったりしたの?」

 

当然の質問。

 

「んーん。まだ行ったことないんだ、海外」

 

なんでもなさげに彼女はいった。

 

「えっ……。でも、アメリカに図書館は作りたいんだよね」

 

「うん!」

 

あまりに彼女が堂々としてるので、ぼくはなんとなしに彼女の話を聞いていた。

その合計時間、おおよそ45分。 

超要約すれば、不労所得を得よう!

という、そんな話を彼女はぼくに、したのだった。

そのあとぼくらは別れた、駅まで送ろうかと言ったら、断られてしまった。

 

別れた後、執拗に何らかのパーティーへの勧誘の連絡が来るのでラインはブロックさせてもらった。

 

……まぁべつに、マルチをやるやらないは個人の自由だから、人に強制さえしなければ、ああだこうだと文句をつける理由もない。

 

ただ。

話を聞いていて思ったのは不労所得を得る事を、夢を叶えると表現するのは、ちょっと違うのではないかという、そんな事だった。

 

汗水流して働いて、お金を貰う。

こんなにすばらしい事が、この世にあるだろうか。当たり前の話だ、ギブアンドテイク。ギブをするから、テイクがある。

働く男の汗って、やっぱカッコいいじゃん。

それをぼくは、否定したくない。

 

まぁ、不労を得るための労働をしようという話なのだろうけど、まぁ、なんだろう。哲学とかポリシーの違いなのだろうと思った。

 

ぼくと彼女は、意見が合わなかった。