上京してから

本と映画と漫画と人

星野源はカッコ良くても、星野源似はカッコ良くない

昨今、星野源が人気だ。

 


f:id:karatatsutan:20170722005708j:image

 

清潔感のある塩顔、歌にダンス、演技に執筆、、、マルチな才能。

それでいて、どこか影のある横顔。

アニメが好きで、声優話が出来る、、、。

 

完璧じゃない所も含めて完璧だと思う。

高須先生も言っていた。

人は欠損に惚れるのだ

そういう意味で、欠損まで含めて星野源は完璧なのかもしれない。

でも、たまに思う。

何か勘違いしていないだろうか?

 

星野源似は、カッコよくない!

 

星野源はカッコよくとも、星野源似はカッコよくないのだ。

星野源、よくみれば顔はそこまでカッコいいわけではない。中の上とか、それぐらいだ。

でも、人気がある。

それはなぜか?

人気があるからだ

 演技が出来て歌えて執筆が出来てーー。

つまるところ、それらによって加算されたポイントにより、人気がある星野源

一般の人は、演技もしないし、歌も出さない、執筆だってしない。

いや、アマチュアレベルではするかもしれないが、プロレベルには達しない。

演技をしてる?

月9には出てないでしょう。

歌を歌ってる?

紅白には出てないでしょう。

執筆をしてる?

本は出してないでしょう。

 

それらを高いレベルで出来る星野源に、人気が出るのも当然の話なのだ。

 

紅白でれる人間×ドラマで主演が出来る人間×本が出せる人間×……。

 

そうやって積み重なった価値の結晶。

それが、星野源という男である。

 

顔だけ星野源でも、それはただの男とほぼ変わらない。ただの一般的日本男性である

 

……彼の登場、活躍は、むしろ我々一般男性が喜ぶべきことであると、思う。

 

生まれもった造形、つまりは顔に頼らない、新時代のヒーロー。それが、星野源という男なのかもしれない。