上京後備忘録

エッセイ

日清焼そばU.F.O.ビッグ わさマヨ地獄を食べた感想

話題になっている「日清焼そばU.F.O.ビッグ わさマヨ地獄」
f:id:karatatsutan:20170617142201j:plain


近くのコンビニに売っていたので食べてみた


これ。


f:id:karatatsutan:20170617140422j:plain


袋をあけて、かやくをだす。
麺はふつう。美味しそう。
ソースを混ぜて、こんな感じ。
普通のカップ焼きそばと変わらない。

f:id:karatatsutan:20170617141432j:plain

美味しそうに、見えた。この時は。

f:id:karatatsutan:20170617141543j:plain


これが問題のわさびマヨネーズ


f:id:karatatsutan:20170617141641j:plain


かけるとこんな感じ。麺の色とマヨの白さのハイライトがとても綺麗で食べるのがもったいない。どこかつんとした匂いもするが、不快に程じゃなかった。

いやむしろこの商品を買う人は、みんな多少なりともわさびが好き、嫌いではないだろう。ぼくは納豆が嫌いだから、納豆は買わないし、当然だ。
だからわさびの匂いに対して、不快になんて感情を抱くわけがない。

口に含み、啜る。



f:id:karatatsutan:20170617142321j:plain


むせた。そもそもとして、啜れない。
なんだこのスパイシーさは。商品としてふざけているのかと思った。悪ふざけとしか思えない。

勘違いしてほしくないのは、不味いわけではないということである。むしろ美味しいと不味いのどちらかと聞かれれば、美味しい寄りだと言ってもいい。

が、しかしそれでも。
さすがに食べものとして、これは致命的な気がする、、、。食べものとしてというか、焼きそばとして。だって啜れないんだもの。

啜るとむせるので、啜らずにもぐもぐとゆっくり頬張り咀嚼した。いや、美味しいんだけどね。ぼくは辛党だし、辛いものはむしろ好きだ。

いやしかし、、、。
もしかしてだけと、わさびマヨ259g(地獄)という親父ギャグのために、本来の許容範囲量を越えたわさびマヨを付けたりしたんじゃないの?

なんて感想を抱かざるを得なかった。