上京後備忘録

エッセイ

石原さとみと付き合える人間になるということを目標に生きるということ

長ったらしいタイトルですいません。

タイトルの石原さとみの部分を、それぞれの好きな女優やモデルに置き換えて読んでほしい。

ぼくは石原さとみさんが好きなのだが、しがし好きというだけで、実際に関わりがあるとかそういうことはない。当たり前だ。 ぼくは特別なものを何も持っていない、ただの学生。


でも、彼女は違う。
f:id:karatatsutan:20170613102702j:plain

美人であるというだけではなく、女優で、モデルで、タレントでーー。高収入で、認知度も高く、仕事に対し、熱い情熱を抱いている。ように見える。


ぼくとは違う。あまりにも。
距離が、遠すぎる。
しかし、だからこそーー。
彼女と付き合える人間、男を目指すというのは、とてもいい目標に思う。

彼女は山Pのような、超イケメンかつ、高収入かつ、人気タレントさんでないと付き合えない種類の人間だろう。

今のぼくとはあまりに違う。
違うからこそ、目標としてはベストなのだ。

つまり、高収入かつ、イケメンかつ、人気タレントになることが出来れば、石原さとみと付き合えるということにならないだろうか?

もちろん、事実は妄想のように甘くはないだろが、しかし試してみるーー。いや、目指してみる価値はあるように思う。


ぼくはまだまだ二十代。
猶予も、時間も、余裕も、たっぷりと。
いずれ必ず来る 死 という瞬間。

そんな目標を掲げて生きてみるのも悪くない。