上京してから

上京してから見た景色、そして考えたことを綴ります。

中央線穴場飯!その①

多種多様な飯屋が混在する、中央線界隈ではあるけれど、穴場という観点から考察してみると、意外と候補としてあげられる店が少ないということがわかる。

 

それはなぜかといえば、おいしい店が多いからで、おいしい店は口コミやネットの情報などで広まってしまうから……という、禅問答のような、どうしようもない結論へと至ってしまうのだけれども。

 

さて。穴場の飯屋ということで、そもそもとして穴場の条件はどんなものであろうかと考えてみた。

 

  • 一、混まない
  • 二、アクセスがいい
  • 三、安い、高くない
  • 四、雰囲気がいい
  • 五、そして当然ではあるが、美味しい。

 

とまぁ、こんなものだろうか。

他にも色々とあるかもしれないが、ぼくがこれから紹介する店は、間違いなく以上のポイントを満たすという意味での穴場店である。

こと中央線において、これ以上はないと断言できる。

多いときは大学一年生の頃、週5で通っていて、体重も十キロ近く増えてしまった。

そのぐらいに、美味しく、雰囲気もよく、そして安い。

 

そのお店のある場所とは

そのお店は、武蔵境にある。

武蔵境駅を出て、ヨーカドー側とは反対に50メートル程進むと見えてくる、『大江戸寿司』の文字。

なんとそのお店では、ランチタイムに大盛りの海鮮丼+海鮮出汁の味噌汁を、600円で食べることが出来るのだ。

しかも、その安さなら味の方は……と考える人もいるだろうが、その点は問題ない。

非常に美味であり、海鮮は新鮮そのものだ。

メニューも豊富で、シャリの量も異様に多く、食べごたえは相当にある。

f:id:karatatsutan:20170517014236j:plain

 

本当におすすめな、大好きなお店なのだけれど。

 

……あ~あ。教えちゃった。